著書『デザインの授業』

前作『デザインの教室ー手を動かして学ぶデザイントレーニング』が、
実際にデザインするデザイナー向けの内容だったのに対して、
同じようにデザインを論理的に構成するための考え方をテーマにしつつも、
グラフィックデザインの歴史や
絵画・建築・映画などの分野との関係のなかで
デザインの見方を考えることによって
デザインを見る視点から、デザイン力を高めることを目指しています。

したがって、デザインを学びたいデザイナーだけでなく、
デザインを発注する必要のある人にも、
グラフィックデザインという世界が
どのような背景で存在しているのかを
感じることができるのではないかと思います。
機会がありましたら、見てみてください。

デザインの授業

アマゾンで見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。