国歌・国旗

カテゴリー 未分類

卒業式の国歌・国旗に関する裁判の結果について、
石原都知事や小泉首相が、
国歌や国旗に敬意を示すのは当然だ、
そんなことでは外国にいったら通用しない
といっているようだ。
その部分は、まったくその通り。

サッカーの国際試合の始まる時に、
君が代を大声で歌って、
相手国の国歌の時には騒いでいるような
サポーターには腹が立つ。
自国と同様に、あるいは招待しているのだから
それ以上に、相手国の国歌・国旗を尊重すべきだと思う。

しかし、この裁判の問題点はそこではないだろう。
君が代や日の丸の歴史的な背景に対して
どのような考えをもつかは、
個人の主義主張の問題であり、
通達で強制するべきではないということだろう。

「社会とはこういうものだ」ということを
教えることも必要ではあるのだけど、
多様性を尊重しなくなったら、
教育ではなくて、調教だと思う。

個人的には、
君が代はとても個性的であることは確かだし、
日の丸の極限のシンプルさは、
日本の美意識のある面を象徴している
といってもよいと思う。
というわけで、純粋に美的な観点からは、
敬意を持っている。
負の遺産のない国なんてものは、
どこにも存在しないのだし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。