安全に関する重要なお知らせ

カテゴリー 未分類

Appleから「安全に関する重要なお知らせ」のメールが届く。
最近、DellやAppleのパソコンのバッテリーが
発火する可能性があると報道されているが、
今使っているPowerBookが、
まさにこれに該当するらしい。

そういえば、以前2CHで
マックが発火する画像が話題になったらしく
その後、嘘つき扱いされていたみたいだが、
結局、本当だったのか。

まず、バッテリーのシリアル番号を確認するためには、
一度終了して、バッテリーをはずさなくてはならない。
普段はスリープにするだけで、
ブラウザのタブには、
必要なサイトが開いたままになっているので
これだけでも面倒だ。

バッテリーを取り外してみると、
アルミボディからでたのか、
金属粉が着いている。
バッテリーのまわりに金属粉があったら、
問題ないものでも、危険じゃないかな?

確認すると該当する機種なので、
交換プログラムに申し込もうとすると、
今度はマシンのシリアル番号が必要だという。
これを確認するには、また起動しなくてはならない。

Apple Storeで購入した機種は、
Appleの側で管理していると思うので、
こうした自体には、
もう少しスマートな対応が可能なはずだと思う。

しかも、申し込んでみると、
「4-6週間かかります。」
バッテリーが調達できないのは理解できるのだが、
「その間は、ACアダプタを使ってください。」
って、それじゃあノートパソコンの意味がない。

何万個のうちの数個が発火したわけで、
そんな確率に当たるとは思わないし、
バッテリーも少し弱ってきていたので、
新しいのがもらえるのは
うれしかったりもするのだけど。

他社からは、Core2 Duo機が数多く出ているのに、
Appleが発表できないのは、
バッテリーが調達できないということも
あるのかもしれない。

発火のおそれのあるバッテリーは
ソニー製とのことなのだが、
ソニーのパソコンは、
このような自体にはなっていないようだ。
どういうわけなのか。

稲本のガラタサライへの移籍は、
試合に出ることができれば、
強さが生かせていい環境だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。