電気用品安全法(PSE法)に対する署名

日本シンセサイザープログラマー協会のサイトで
坂本龍一氏、高中正義氏、松武秀樹氏などが発起人となり
電気用品安全法(PSE法)に対する署名
を始めている。
http://www.jspa.gr.jp/pse/
あまり、署名なんかしないのだが、
今回ばかりは署名した。

ACアダプタを使っている製品は
ACアダプタだけが対象になるらしいが、
アンプなどは ACアダプタなわけがない。
音関係は電源が変わると
音が変わってしまう。

モノを大切にしようという時代に、
なぜこんな法律がこっそり作られたのか。
資産となっているさまざまな機器も
中古で売買できないために、
資産価値がなくなってしまうらしい。
工作機械や厨房機器なども含むので、
困るのは音楽業界だけではない。
シールがないとだめ、ということは
シールを発行するところが儲かる構造な訳で、
明らかにどこかの利権に絡んでいる。
ここを掘り起こせば、
色々出てきそう。

輸入版問題の時も同様だったが、
関係者のほとんどが知らないうちに
法律が作られてしまうというのは、
システムとして明らかに欠陥だろう。
法律を作る手続き自体を
見直す必要があると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。